TOP > 栄養学部二部保健栄養学科 >実践栄養学

栄養学部二部

実践栄養学 − 川端 輝江、恩田 理恵

1年
前期
2.0単位

食生活に関する実践的な学習を通して、自己の食生活と栄養学との関係について理解させ、食生活をよりよくさせようとする実践的な能力と態度を育てる。四群点数法を通して、食生活と健康・疾病の関係を理解する

No. 項目 概要 講義内容
1 栄養学の実践とは 授業計画と課題についての説明。食品の重量測定法を習得する。 =>講義内容
2 食品のエネルギーと四群点数法の基礎 各食品の一点重量(エネルギー量)を習得する。 =>講義内容
3 自分の食事を見直そう 自己の食事を記録し、食品の種類・量・料理等に関するセンスを養い、食事記録の意義・方法等を習得。 =>講義内容
4 バランスのよい食事とは 四群点数法の活用法─適切な食事の摂り方を理解し、献立作成法を習得する。 =>講義内容
5 食品の栄養成分について 食品成分表等─各種食品成分表の活用法を習得し、食品の栄養的特質を理解する。 =>講義内容
6 適切な栄養量とは 食事摂取基準について学び、適切な栄養素量について考える力をつける。 =>講義内容
7 栄養摂取の現状 国民健康栄養調査結果等─日本人の栄養状態について理解を深めるとともに諸外国の栄養状態について知る。 =>講義内容
8 食品群とその栄養的特徴と疾病との関連1 第1群の食品─乳・乳製品、卵とCa・VB2、たんぱく質および骨粗鬆症との関係を理解する。 =>講義内容
9 食品群とその栄養的特徴と疾病との関連2 第2群の食品─魚介、肉、豆・豆製品の栄養的特徴を理解する。 =>講義内容
10 食品群とその栄養的特徴と疾病との関連3 第2群の食品─脂肪酸、食塩と生活習慣病、鉄と貧血を理解する。 =>講義内容
11 食品群とその栄養的特徴と疾病との関連4 第3群の食品─野菜、芋、果物とVA、VC、葉酸、カリウム、食物繊維および癌との関係、抗酸化物質を理解する。 =>講義内容
12 食品群とその栄養的特徴と疾病との関連5 第4群の食品─穀物、砂糖、油脂と糖質、エンプティーカロリー、胚芽米、ビタミンB1に関し理解する。 =>講義内容
13 四群点数法の臨床的応用 本学栄養クリニックの場合の肥満者や軽い生活習慣病者についての指導効果を知る。時間栄養学について触れる。 =>講義内容
14 まとめ 適切な食事の実践を続けるために進んで工夫する力をつける。 =>講義内容
教科書
「香川靖雄教授のやさしい栄養学」「五訂増補食品成分表2008」「食品80キロカロリーガイドブック」 「食品80キロカロリー成分表」「調理のためのベーシックデータ」「新毎日の食事のカロリーガイドブック」( 以上本学出版部)
参考書
「家庭のおかずのカロリーガイドブック」「新 外食・テイクアウトのカロリーガイドブック」「栄養と料理」「なにをどれだけ食べたらいいの?」(以上本学出版部)
教材
実践栄養学演習レポート用紙、SD手帳、電卓、携帯用はかり(栄大スケール)