JavaScriptを用いたホームページ[ボタンの使用]

ポイント1)フォームおよび部品の名前を定義する。

ポイント2)JavaScriptを記述する。

ポイント3)アクションの追加 onClick="2)のファンクション名"


作成場所: X:ドライブのフォルダー「学籍番号f」 ファイル名:rei1.htm (あらかじめ画像ファイルは同フォルダーにコピーしておくこと)

例題1完成品はここをクリック

Step1)フォームおよび部品の名前を定義する。

例題におけるフォーム名:F1 (注意:フォームは1つ。2つ以上に分けないこと。)

部品type button button
name left right

また、画像の名前を"img1"としておく。初期のファイルはback.gif(サイズの記入は削除)

Step2)JavaScriptを記述する。

 関数の意味:document.images["img1"].srcは、このホームページの画像("img1"という名前をつけた画像のsrcすなち、指定した画像ファイルの場所)これが、func(x)の引数xと等しくすることが、このJavaScriptの文法の意味。
よって、引数を'left.gif'とすると、すなわち func('left.gif')とすると、document.images["img1"].src=left.gifとなり、ホームページと同じフォルダー内のファイルleft.gifにし、
引数を'right.gif'とすると、すなわち func('right.gif')とすると、 document.images["img1"].src=right.gifとなり、ホームページと同じフォルダー内のファイルright.gifに変更することが可能となる。

Step3)アクションの追加 onClick="2)のファンクション名"

部品type button button
name left right
アクション onclick="func('left.gif')" onclick="func('right.gif')"
追加すると、次のようになります。