TOP > 保健栄養学科 >栄養科学専攻> 情報処理統計学実習

保健栄養学科 栄養科学専攻

情報処理統計学実習 − 山内喜昭

1年
前期
1.0単位

栄養や保健情報の処理・表現・伝達など、栄養士に必要な情報処理・コンピュータ活用能力を高める。

  • 課題1の献立の栄養価計算を行う。
  • 課題1について、プレゼンテーション媒体(パワーポイント)を作成する。

  • No. 項目 概要 教材
    1 コンピュータの基本操作 パソコンの基礎知識と基本操作。
    1.  マウスの操作
    2.  Windowの扱い
    3.  日本語変換システム
      Webメールによる課題
      ファイルの保存方法
    2 日本語ワードプロセッサーの活用 (1) ワープロソフトによる文書の作成と保存。 ワープロソフトによる文書の作成
    3 日本語ワードプロセッサーの活用 (2) 表の作成と罫線操作を習得し、 栄養成分表を作成する。 外食・市販食品のベーシックデータ
    4 日本語ワードプロセッサーの活用 (3) ワードアート、 図形描画機能を活用してリーフレットを作成する。 「O-157の感染を防ぐために」パンフレット
    5 インターネット上の情報収集 インターネット検索とサーフィンによる情報収集の方法を学び、 課題についての情報を収集する。

    授業・実習におけるインターネットの利用法

    例題1

    コピー&貼り付け

    6〜8 情報収集とレポート作成 情報収集によるレポート作成方法 課題1
    9 表計算ソフトの基本 例題により表計算ソフトの基本機能を理解する。
    10〜12 表計算ソフトの活用 (1) 健康診断の結果を解析する課題により、 例題で学んだ表計算ソフトの基本機能について応用方法を学ぶ。

    課題2の表

    13〜18 表計算ソフトの活用(2) インターネット上の統計データーの収集・加工
    19〜22 プレゼンテーションソフトの活用
  • 課題の献立の栄養価計算を行う。
  • 課題についてプレゼンテーション媒体を作成する。
  • 課題6
    23,24 プレゼンテーションソフトの発表 3分間で、上で作ったパワーポイントを使って、発表する。 全員が決められた順番で、マイクを使い、教卓パソコンで発表します。  
    教科書なし
    本学e-learningに呈示する。