課題6:課題1の献立の評価およびプレゼンテーション媒体の作成


課題6-1:課題1の献立の四群点数法による評価およびプレゼンテーション媒体の作成

 課題1において、各人に課題の食品を与え、

  1. 課題の食品の特徴・含まれる栄養素(その働き、効果などを含む)
  2. その食品を使った料理(計12料理)
  3. その食材を中心とした1日分の献立の提案および四群点数法による評価。

をおこなう。課題6では、特に次のポイントに注意して、課題1で提案した1日分の献立に対して、四群点数法による評価を行う。

実践栄養学で習ったように、(参照:No.8記入用紙)、食品群別摂取量(点数)を、各料理の食材ごとに求めていくことからはじめ、料理ごと、献立(朝食、昼食、夕食、間食)ごと、および1日で摂取した1群から4群の合計点数を求め、1日で摂取すべき各点数と比較して、栄養バランスについて考察しなさい。

・PFC比率や、課題の食品に多く含まれる栄養素についても栄養価計算し、考察すること。


課題6-2:プレゼンテーション媒体の作成