例題1 インターネットを使って、トマトについて、次のように調べなさい。

保存先:Xドライブ ファイル名:学籍番号d.doc ( <=まとめたもの。その他のファイルは、フォルダー「情報収集」に保存)


1) 食品成分データベースからトマトの栄養素を見つけなさい。

  (a)食品成分データベース(独立行政法人 科学技術振興機構(JST) が運営しているもの)のアドレスは?
     参考:日本栄養士会ホームページのリンク集

   (b)実際に、食品成分データベースを使い、食品番号およびこのデータベースから取り出せる
     全ての栄養素を書きなさい。


上の食品成分データベースには記載されていないが、トマトを特徴づける栄養素があります。

2) その栄養素とは何か、どういう特徴があるか、書きなさい。

  なお、参考にしたホームページのアドレス(2つ以上)を必ず書くこと。 ○トマトが赤くなると何が青くなる?


3) トマトの特徴(旬・種類・原産地)を書きなさい。

  なお、参考にしたホームページのアドレスを必ず書くこと。 ○トマトの原産地は? ○トマトの種類は?(5種類以上)  ○トマトは(春、夏、秋、冬)野菜? 〇トマト検定を見つけてやってみましょう。


これからトマトを使った料理を10見つけてもらいますが、その前に、非常に多くの料理が載っている料理データベースを見つけましょう。

4) 検索サイトから、登録された料理数が多い料理データベースを3つ探しなさい。

   (a) 料理データベースのホームページアドレス?
   (b) 登録された料理数?
   (c) それぞれの料理データベースの特徴?

5) 上で見つけた3つの料理データベースにおいて、トマトを使った料理を探しなさい。

   (a)トマトを使った料理で、登録されている料理はいくつあるか?
   (b)その中から好きなもの10レシピを選び、料理画像、料理名、を表にまとめなさい。