TOP > 食文化栄養学科 > 栄養生理学

食文化栄養学科

栄養生理学 − 香川雅春

1年
後期
2.0単位

【到達目標】人体の構造と生理メカニズム、そして栄養素の持つ役割についての基礎知識を身に付ける。
【概要】授業はパワーポイントスライドを使った90分の講義形式で行い、各講義では人体の構造と生理学的機能および栄養素との関わりについて学ぶ。

No. 項目 概要 pdf ppt
1 序論 人体の解剖の概要と生理の基礎について理解する。 ダウンロード
2 細胞の生理とエネルギー代謝 細胞での物質輸送メカニズム、エネルギー代謝について説明できるようになる。 ダウンロード  
3 食生活指針と食事摂取基準 日本で推奨されている食生活指針の背景と食事摂取基準について理解する。 ダウンロード  
4 消化器系の生理と栄養 体内で食物がどのように消化・吸収されるのか説明できるようになる。 ダウンロード
5 呼吸器系・血液・循環器系の生理 呼吸器系と循環器系の関係と、血液の役割について理解する ダウンロード
6 泌尿器系の生理 泌尿器系の役割について理解して説明できるようになる。 ダウンロード
7 運動系の生理 運動系(骨・筋組織)の役割と健康について理解する。 ダウンロード
8 栄養不良 世界的問題である栄養不良の二重苦(栄養失調と肥満)について説明できるようになる。 ダウンロード
9 脳と神経系の生理 脳と神経細胞の構造と信号伝達のメカニズムについて理解する。 ダウンロード
10 感覚器系の生理 ヒトが持つ五感の構造について理解する。 ダウンロード
11 内分泌系の生理 ホルモンの種類や役割のほか、その制御メカニズムについて理解する。 ダウンロード
12 免疫系の生理 免疫の役割とそのメカニズムについて説明できるようになる。 ダウンロード
13 妊娠、発育、発達と栄養 生殖器系の生理と栄養素が発育・発達に及ぼす影響について学ぶ。 ダウンロード
14 遺伝子 遺伝子の役割と疾患発症との関わりについて理解する。 ダウンロード
教科書
(なし)
参考書
「新しい解剖生理学」 山本ら 2010 南江堂
Mader, SS. 「Human Biology」 7th Ed 坂井と岡田(監訳) 2009 医学書院
「一歩一歩学ぶ生命科学(人体):基礎編 2010年12月version」女子栄養大学出版
教材
(なし)