TOP > 最終講義・特別講義

最終講義・特別講義

最終講義(2017年度)

「異文化の経験」 秋野晃司教授(生活文化研究室) 

「植物性食品の血圧低下成分」 青柳康夫教授(食品化学研究室) 

「超高齢社会における食のマーケティング戦略」 高城孝助教授(フードマーケティング研究室) 


最終講義(2016年度)

「私の履歴書 −食品の生理機能に関する教育と研究−」 
三浦理代教授(食品栄養学研究室)
 


最終講義(2015年度)

「研究と教育を振り返って−女性差別の視点から
ジェンダー・セクシュアリティと教育の視点への発展−」 
橋本紀子教授(教育学研究室)
 

「女子栄養大学と私」 板谷幸恵教授(介護・保健学研究室) 


最終講義(2014年度)

「女子栄養大学で学んだこと」 平田久教授(人間・動物学研究室) 

「保健・栄養とICT」 武藤志真子教授(健康情報科学研究室) 

「 I did it my way 」 渡邉早苗教授(臨床栄養療法学研究室) 


最終講義(2012年度)

「近世日本の料理と暮らし」 島崎とみ子教授(調理文化研究室) 

「私が養護教諭にこだわり続けた道すじ−その「職」に魅せられた48年間−」
三木とみ子教授(実践養護学研究室)
 


特別講義(2012年度)

「建学の精神を理解する〜香川綾からのメッセージ」 三保谷智子(香川昇三・綾記念展示室) 


最終講義(2011年度)

「この約五十年間の活動を振り返って」 桑原祥浩教授(衛生学研究室) 


特別講義(2011年度)

「放射線防護食と遺伝子」 香川靖雄教授(医化学研究室)